人と自然に優しく、
息の長い建築物の創造

建築物は街や自然の中に建てられ、常に人の目に映ります。
建て主の所有物であると同時に、公のものでもあるわけです。

したがって、個人の感性や好みに合わせた設計材料を決定することも大切ですが、
「建築物を環境に調和させること」を最も重要視することで、人と自然に優しい建築物の完成を目指しています。

また、建築物も時代の流行に左右されることもありますが、
常に日本の風土に見合った設計こそが、
息の長い建築物の創造へ繋がると確信しています。
特に「震災時の危険回避」「リサイクル」についてはこの先も
欠かせないテーマとして取り組んでまいります。

事務所移転のお知らせ

大宮司 禮子は平成24年3月26日に永眠いたしました。
ここに謹んで生前皆様から賜りましたご厚誼に深謝致します。

大宮司建築設計事務所は、新宿より川崎に事務所を移転致しました。
これからも変わらぬご交誼賜りますようお願い申し上げます。

平成25年7月
大宮司 勝弘

会社概要

商号 有限会社大宮司建築設計事務所
事業内容 建築 設計 監理 コンサルティング
資本金 300万円
所在地 〒215−0003 川崎市麻生区高石3-5-9
メール
Google Maps http://goo.gl/maps/rREt3

沿革

昭和53年9月
一級建築士事務所を新宿区西新宿に設立
代表者 大宮司高正 就任

昭和58年4月11日
有限会社大宮司建築設計事務所に変更
資本金100万 その後300万に増資
代表取締役 大宮司高正 就任

平成元年12月19日
代表者大宮司高正他界のため、代表取締役 大宮司禮子就任

平成24年3月26日
代表取締役 大宮司禮子他界のため、代表取締役 大宮司勝弘 就任

略歴

大宮司高正

大宮司高正

だいぐうじ たかまさ

大宮司禮子

大宮司禮子

だいぐうじ れいこ

大宮司勝弘

大宮司勝弘

だいぐうじ かつひろ